Game Graphic Text Link Blog Index
2008/12/31





なんとか主要6人についての漫画が間に合った。今回は少々ネタに走りすぎたか?

2007/12/30



今回は17回プンゲに応募したサンタサンガの二人。二人を連れて歩くと苦痛にしかならない、一種マゾ仕様。

ダンジョン全マスを踏まないと気がすまない人向け。

2007/12/29

ある程度完成の目処がたった。もはや、起きている時間はこれと某RPGの逆鱗マラソンに費やされている。

なお、今回は2回連続プレイでちょっと変わるようにしてある。それと、いつも通りの「見た目とは逆効果」な仕様も健在。


2007/12/28

さて、予定の機能を削りまくりでなんとか完成が見えてきた。

季節物だから今回間に合わないと来年までお蔵入りだし。

2007/12/27

ゲームのマップ数は10を予定している。2つは削れるし、2つはイベント用なので簡略化できる。

そうすると必要なのは最低6マップ。1、2、3はイベント込みで終わっている。時間があれば画像関係を強化したい。4、7、8、10はマップが終わったけど、イベントがまだ。5、6、9がまだ。5、6は削れる。

28日の深夜までに7マップ用意できれば間に合いそうだ。

2007/12/26

締め切り間近で大変。

同一のシステムを使っているとはいえ、やはり一月に2つは厳しいか?

2007/12/25



今回のゲームの最後のアップデートが完成。以前は一段のみだったけど、今回からは何段でもいける。下が木の幹で上が木の枝というのも可能になった。これで屋外にいるのに、壁が異常に低い問題の解決が図れる。

2007/12/24



今年最後のドット絵を追加。個人的にはかなり面白い選択だと思う。ミニドット絵が無いため、比較できないのが少々残念?

2007/12/23



17回のテストショット。今回は偽スカイボックスを試験的に入れてみた。実際は上と下が開いているけど、誰もそこまで見れないから、本物との差は無い。反射とかを気にしだすと上が無いとまずいけど、そこまで行くと今度は「起動できない」の嵐にまたなりそう。

後、動く時に中割りっぽいのも追加。変に動作が遅いと思ったら30fpsしか出てなかった。最低でも60fps出てないとまずい。

問題を調べたら高確率でDrawIndexedPrimitiveの呼びすぎみたいだ。四角一つ書くたびに呼んでいたから遅くなるのも理解できる。しかし、四角で構成されたダンジョンゲームなのに・・・。

完全に3Dで出来たレベルでも読み込むべきか、とも思ったけど技術と時間の問題で即却下。

そこで、思い出したのが現在のマップはレイヤー化しているということ。各レイヤーのテキスチャーを一つに限定したら、各レイヤーを一回のDrawIndexedPrimitiveで処理できる!4レイヤーあれば4回呼ぶだけ。壁4つと同じコストでダンジョン4つが描画出来るのはお得!!

とは言ってもおまけの問題も出るし、全部OKと言うのはまだ早い。残り一週間、何処まで出来るか?


2007/12/22



スポンサーさん?追加。

ハイライトをきつめの色にしたり、色々試してみた。ちょっとづつだけど、この手のドット絵の色配分が分かってきた。

-

拍手ありがとう!これからも頑張ります。

2007/12/21

全二回予定の3分ゲーレビューその2。18(17?)作品あるから、一回9作品が目安。最後に星の数はお勧め度。内訳はこんな感じ。5:傑作、4:良作、3:佳作、2:1回は遊べる、1:ごめんなさい。

10. 四次元の恋人

前回に続き独自の世界観を持ったゲーム。
ヒロインのダークな過去を鍵で見て、愛で心を取り戻させる。

この作風はこれで完成されていると思う。私が言えることは特に無い。

星:4

11. 泡守

陣地防衛型シューティング。

前回応募時(?)のシステムをさらに改良してすごく遊びやすくなった。見た目と操作感が良くなっているのが良い。

星:3

12. おでかけ姉ちゃん!ミッション

懐かしい感じのゲーム。昔Zorkなんてゲームをやっていた頃を思い出す。

テキストを入力して、それで物語を進めていく。
ただ、慣れていないのもあるけど、入力できるテキストの幅がせまいし、どういうテキストを求めているのか理解しづらい。

最初のエリアだけでもマウスクリックで部屋にあるアイテムの名前が分かればもっと遊びやすくなったはず。

星:3

13. stepfather of Rxxe(+attack)

シューティング。シュールなゲームなんだと思う。

動きの遅い待機状態と動きが速いけど時間制限がある攻撃状態を交互に使って敵を倒す。

星:4

14. Dunescape

自作。今は何も言わないでおく。

15. 焼箱

シンプルなシューティング。かなり面白い。

マグネットで集めて、ショットで一掃するのは痛快。ただ、単調になりがちなのが残念。かと言って、変に弄ると今度はつまらなくなるだろうし。

星:5

16. TENS' TEN'S

ジャンプでゴールを目指すアドベンチャー。
つまらなくはないけど、今回は相手が悪かったとしか言いようがない。

もう少し操作性やゲームのギミックにこだわっていれば、もう少し評価が高くても良いはず。

星:3

17. SAME CUBE

遊べず。たぶんジョイパッドが無いからか?他では動いたという話だから私の環境の問題だろう。

18. トレジャーブラザーズ

どうやら間に合わなかったようだ。


今回もレベルの高いゲームが多かった。焼箱がかなり上位に行くのでは?

2007/12/20

全二回予定の3分ゲーレビューその1。18(17?)作品あるから、一回9作品が目安。最後に星の数はお勧め度。内訳はこんな感じ。5:傑作、4:良作、3:佳作、2:1回は遊べる、1:ごめんなさい。

01. Mono

シューティング。

FC時代のシンプルな作り。かつてのインベーダーゲームみたいな自機、敵、弾の3つしかない。しかし、それでもかなり楽しい佳作。

星:3

02. 時計塔のひみつ

面白い!起動できる人が多ければ多いほど優勝の確率があがりそうなゲーム。

今回のプンゲでは他の応募作品に比べて全ての面で頭一つは抜けている。商業で売られていても不思議ではない。

歩く、ジャンプ、しがみつくのアクションを駆使してマップをクリアするゲーム。ところどころにあるブロックを押すと、画面が回転する。

歩いた場所だけでもオートマップで表示されると自分がどこにいるかわかりやすくなったと思う。

星:5

03. ★★★

超簡易プリメ。9回のステータスアップチャンスでどこまで特定の能力を上下させるかでエンディングが変わる。

ゲーム本編よりもOPのムービーの方に目を奪われる。ゲーム自体は至って普通。

星:3

04. Super Skye Battle

ツクールを使ったシューティング。操作性にツクール特有の難がある。

ただ、鶏を飛ばす爺さんとかアイデアは面白い。次はどんな敵が出てくるのかな、と思いながらやると面白い。

星:3

05. キョウカイセン。

選択によって話の内容ががらっと変わるアドベンチャー。ところどころにプンゲのパロディーや風刺が入っていたりする。元ネタが分かっていると笑えるけど、分からないと本当に意味不明な世界だと思う。

ゲーム制作の話から始まったはずだけど、最後はある意味人類未到の地に行っちゃっているとしか。

やればやるだけその一種狂った世界に引きづり込まれるタイプのゲーム。

星:4

06. 果敢無く散り行く徒花は

ダンジョンから脱出する。選択肢が進行方向と明かりだけのシンプルな作り。行動は制限されているけど、その中でできる限りのことをやっている。

演出の巧さが光る良作。

最後の最後で明かりを強くするとクリアできる仕掛けには気付かずかなりの花を咲かせてしまった。

何回もやると邪魔なヘルプの火の玉も設定で消せるのはありがたい。

星:5

07. 夢喰いの蟲

なんらかの謎解きアドベンチャーと思われる。しかし、提示された情報が少なすぎて何をやれば良いのか分からない。

もう少し親切設計だったら、と思わずにはいられない。後、スクリプトにバグがそこそこ残っているような感じもするけど、これは遊びこんでいないためにそう思っているだけかも?

星:2

08. +++

画面に絵を描くだけ?

星:1

09. C

変なサウンドに変なテキストを延々と見せられるだけ。アートなのか?

星:1


遊べる人が多ければやはり時計塔のひみつが有利と見るべきか。他は人を激しく選ぶゲームばかりで順位予想が困難。強いていうならば、果敢無く散り行く徒花はが演出の良さで票を伸ばすかな?

2007/12/19



姫様追加。

右目と左目を同じラインにのせない場合、距離を離すとよくなるのか・・・。とはいえ、小型ドット絵ではこの手は使えないかも。

次は誰にしよう?

2007/12/18



次回作のエディタ。基本は今回のプンゲに出したのと同じだけど、今回は更にできることが増えている。

次の締め切りまでにはなにか用意したい。

2007/12/17



ガンダム00の登場人物シリーズも終わったし、次に何をしようかと調べてみた。コイルも終わったし、特に候補が無い状態。

そこで、普段とはちょっと違うドット絵を用意してみた。いつものも良いけど、常にタイプのドット絵を打っていても上手くはならないし。

某紋章のドット絵を参考に打ってみた。目のドットの置き方とか、かなり勉強になった。ちなみに、私の方はあえて色数を抑えてある。

今月の後残り3つもこのタイプで仕上げてみる予定。ガンダム00の登場人物でバストアップのリクエストがあるのなら拍手からお願い。一応次は姫様を予定。


2007/12/16



ガンダム00の絹江・クロスロードを追加。

-

3分ゲー無事に完成。応募も問題なく、近々コンテスト上で公開されるはず。

2007/12/15

ぎりぎり完成した。

明日中にマニュアルを書いて提出すればコンテストには間に合う。

あえて言うのなら、最下位筆頭候補か?どんなゲームを用意したのかは実際に遊べるようになるまで詳細は伏せておく。

好きな人は好きだろうけど、絶対に一般受けしない。

2007/12/14

文字をスプライト表示させるために過去のプロジェクトをバックアップからもってくる。「あまり上手く無い+完全なスクリプト言語」なため、そのまま再利用はあきらめた。

しかし、基本コンセプトそのものは問題ないので、必要な部分だけ必死にプログラムしなおした。

結果、問題なく表示できるようになった。唯一の懸念材料は512x512の画像イメージのため、表示可能な文字数が制限されること。いざとなれば1024x1024にまであげれば良いか?

2007/12/13

ゲームのテキストを画像で表示することに成功。しかし、一つ512x256の巨大テキスチャーのため、問題が起こるのではと危惧していた。

最初は問題なかったけど、30枚を越したあたりから急にクラッシュしだした。やはりグラボの限界か。しかし8600でこれでは、他のもっと旧式なグラボではもっと早くクラッシュするということ。この手は使えない。

そこで、以前作った文字に数字を当てて、文字をスプライトとして表示する方法を使うことにした。締め切り間近なのに、なんてことだ!

2007/12/12



3分ゲーのために作っているゲーム。何気に3Dになっているけど、実際は太古の2DRPG。

今のところ壁、天井、床の表示が出来ている。他にはコマンド表示ウィンドウと各種フラグが機能している。今回の応募にはこれ以上の新機能はまず追加できないから、そろそろ仕上げに取り掛からないといけない。

10日に書いたうち、1と2はある程度完成したとみている。

2007/12/11



ガンダム00のルイス・ハレヴィを追加。

2007/12/10

拍手ありがとう!

スメラギさんは10月23日に追加しています。探す手間を省く意味でも再掲載しておきます。



しかし、そろそろドット絵ページも更新しないといけない。まさかガンダム00がこんなに長く続くとは思っていなかった。

-

話題変わって、3分ゲーの応募が始まったみたい。すごいプレッシャーを感じている。

-

応募するゲームの最初のレベルが完成した。全てのギミックが予定より上手く動作しているのは幸い。ある意味、ハードコードのおかげと言えよう。スクリプト化する時に気をつけないといけない箇所も見つかったし、結構順調。

さて、締め切りに間に合わせるには最後の難関であるテキスト表示を極めないといけない。問題そのものは2つに分けられる。

1はビルボード表示。3Dの世界に完全に2Dなものを表示するために2種類の表示方法を合わせないといけない。やり方は分かっているけど、それが出来るかどうかはやってみないと分からない。

2はテキスト処理そのもの。時間的な問題とランダムテキストが無い現状を鑑みるとレミーと同じようにテキストブロックを画像で表示するのが簡単か?

他には4階層を予定していたゲームを間に合わせるために2階層にするかどうかも検討しないといけない。だらだら続く4階層よりもしっかり作ってある2階層のほうが良いだろうし。

その際、こういう手順で行動予定。
1.テキスト表示。
2.2階層製作。
3.タイトル、エンディング製作。
4.SE追加。
5.画像製作。
6.BGM追加。
7.3階層製作。

当座の目標は3番までを12日までに仕上げること。5番を14日までに間に合わせれば最高だと思う。

2007/12/09

イベントトリガーフラグが正常に動いた!!それと動作後の結果も問題ない。なんとかぎりぎり間に合うか?

とはいえ、いまからファイルフォーマットを決めていたのでは間に合わないため全てハードコードする羽目になりそう。色々なイベントを用意して、どうファイルに保存したらよいか考えるとしよう。

動作確認をしていたら壁抜けや壁が無いところで壁がある問題に出くわした。どうやらfloatをintにする際の誤差が蓄積された結果みたい。この問題はなんとか直した。

次にテクスチャが左右ひっくり返っていることに気付いた。これは頂点の描画順による問題。直すのもそれほど面倒じゃない。そのためちょっと後回しになるかも?


2007/12/08



ガンダム00のシーリン・バフティヤールを追加。

2007/12/07

ファイル機能を更に弄り、直接画像番号を指定できるように改良しておいた。それと同時にイベントトリガーフラグも理論上追加しておいた。実際に成功するかどうかは明日試さないといけない。

とはいえ、ファイルの一番の改良は見た目2サイドポリゴンの実装にある。前から見たら花柄、後ろから見たら石垣、という風なポリゴンを表示できるようにしておいた。これで部屋の中と外を簡単に表現できる。

後は壁抜け出来ないようにしておいた。普通は衝突判定とかをするみたいだけど、このゲームにそんな高尚なものはいらない。プレイヤーの現在位置と進んだ場合の現在位置を割り出して、途中に壁があれば進まないようにしただけ。

2007/12/06



ガンダム00のビリー・カタギリを追加。

2007/12/05

3分ゲーの締め切りが近づくにつれどんだけ進んでないか再確認させられる。しかし、締め切りがあるからこそ目標を定めやすい。

今回は新しいバイナリファイルシステムとそれを使ったマップのエディット機能をある程度完成させた。後何種類か面倒な処理も残っているけど、一番面倒な処理はたぶんプログラム内にハードコードしておくと思う。

後はイベントトリガーとテキスト類さえ用意できれば提出できる。音楽を追加することも忘れないでやらないといけない。

2007/12/04



ガンダム00のリボンズ・アルマークを追加。

2007/12/03

3分ゲーの次回コンテスト開催日が決まったみたいだ。締め切りが今月の16日と30日とは!一月に二回開催とはまさしくワンス・イン・ア・ブルームーンって感じだ。

両方とも応募することを考えたほうが良いのか?それともここは30日の締め切りに狙いを定めるべきか?この2、3日で結論が出せるだろう。

2007/12/02



ガンダム00のアレハンドロ・コーナーを追加。

2007/12/01

毎度おなじみの月初め反省会。

先月の目標と結果

目標結果
ドット絵1011
落書き
3分ゲー新作用意製作中
サイトデザイン変更準備中



先月はかなり良い月だった。

ガンダム00をメインにドット絵を用意。1つ多めに製作。

3分ゲーの方はかなり進んだ。30日だとしてそれに間に合うのか、という疑問もあることはある。この一週間でだいたい分かるだろう。

落書きは4コマ漫画3つで目標達成。本来はトーンを使って、と思っていたけど結局使わずじまい。後は4コマなんだからもっと起承転結を大事にしないといけない、と痛感。ある程度話として気に入っているのは最後の一つかな。

サイトデザインの方もある程度進んだ。しかし、いまいち「これだ!」と言えないのが悲しい。もう少し練り直すとしよう。

それと、小さなことだけど、二年継続更新も達成。来年も続けられるか?

今月の目標

1.ドット絵10枚。
2.落書き3枚。
3.3分ゲー新作完成。
4.新サイトデザイン完成。

ドット絵はこのままガンダム00を続ける。今月で終わるのか、それとも更なる追加キャラが現れるのか?

落書きの方はこのまま4コマモードで行くと思う。

3分ゲーの新作はなんとしても完成させなくては。内部では色々とすごいことをしているんだから、なんとかそれを表面上の面白さに繋げられたら良いな、と思ったり。

サイトデザインは正月から、を目標に頑張る。


意見や拍手があればよろしく!

201210
201208
201206
201205
201204
201203
201202
201201
201112
201012
201011
201010
201009
201008
201007
201006
201005
201004
201003
201002
201001
200912
200911
200910
200909
200908
200907
200906
200905
200904
200903
200902
200901
200812
200811
200810
200809
200808
200807
200806
200805
200804
200803
200802
200801
200712
200711
200710
200709
200708
200707
200706
200705
200704
200703
200702
200701
200612
200611
200610
200609
200608
200607
200606
200605
200604
200603
200602
200601
200512