Game Graphic Text Link Blog Index
2007/09/30

今月の最後の方はかなり駆け足になってしまった。ゲーム製作も最後の追い込みに入ったし、何が何処まで出来るか楽しみ。

ラフ画のほうだけど、2枚目が第2スクリーンの画像。どういうおそろしい効果があるのかは来月まで伏せておく。第3スクリーンはヒロインの女の子。たぶん画面上に出てくることは無い、はず。

2007/09/29



2007/09/28



2007/09/27

GameDevで4e6が始まっている。延期になっていたのでいつ始まるか、と楽しみに待っていたコンテストがやっと始動した模様。

今年はかなりネタゲーが集まりそうだ。

2007/09/26



今月からの新機軸の一つ。ラフ画像。

今回は製作予定のゲームの完成予想図。ジャンケンとはいえ、普通のでは面白くない。そこでカード選択性にしてみた。

他にもいろいろ面白い機能追加予定。

2007/09/25

私が一日(!)で作れるゲームがあるだろうか?そして私は一つの結論に達した。

それはジャンケン!

AOEもどきがいつの間にかジャンケンにランクダウンしてしまった。まあ昔から勝てば官軍というし、ここは現代風に「完成すれば官軍」てことでがんばってみる。

2007/09/24



スクールデイズの甘露寺七海を追加。

2007/09/23

次の次のコンテスト用に考えているゲームがある。繰り上げて用意しようかと考えたけど、これはかなり画像の数が多い。バランス取りもちょっと厄介。

う~ん、時間が無いわりに迷走だけはしっかりやっている。

2007/09/22



スクールデイズの黒田光を追加。

2007/09/21

ゲームの方はシナリオは間に合ったけど、プログラムが間に合いそうに無い。これをこのまま提出してもまた最下位だろう。

とは言ってもなにか提出しないと。う~ん、何を出そう?というか、何を今から作っても間に合うだろうか?

2007/09/20



スクールデイズの清浦刹那を追加。

2007/09/19

シナリオはラストバトルあたりまでなんとか書いた。エンディングがまだ未定なのは少々問題か?

このペースで行くと、分岐のシナリオは間に合わないかも?

2007/09/18



スクールデイズの西園寺世界を追加。

2007/09/17

シナリオは3分の2は書けた。後はラストバトルまで一直線、と言ったところ。

プログラムのほうが逆にできていないのが少々心配だけど、メグチルで似たようなことはやったことがあるから、なんとかなるかも?

2007/09/16



スクールデイズの桂言葉を追加。

2007/09/15

シナリオはだいたい半分書けた。誤字脱字が多いかもしれないけど、この際無視!

お話は一般的なファンタジー世界を舞台にした4人の幼馴染の数日間を書いたもの。何もイベントが無いとつまらないからそれ相応のビッグイベントを用意している。

分岐を処理できたらおそらくマルチシナリオになる。分岐と言ってもそう大したものじゃない。終盤のバトルで誰が味方になるか変わるだけ。

2007/09/14



スクールデイズの伊藤誠を追加。

2007/09/13

シナリオの方は快進撃中。分岐もある程度入れたし、数回は遊べるゲームになるはず。

-

ドット絵の方はグレンラガンが終わった(と思う)から、次のを考えないと。ここは消去法でスクールデイズにでもすべきか?

2007/09/12



グレンラガンのギミー・アダイを追加。

2007/09/11

RTSの製作を継続中。刻一刻と迫る締め切りに戦々恐々している。

幸いゲームのシナリオがある程度完成した。5マップ程用意して、その合間にちょっとお話をいれる感じにする予定。以前作ったメグチルより欝な話になりそう。

2007/09/10



グレンラガンのダリー・アダイを追加。

2007/09/09

さて、3分ゲーだけど、間に合うかちょっと心配になったり。やはりAOE並みのゲームを用意するのは無理なのか。プログラムというより画像の問題なのがせめてもの救いか。

ゲームの方はマップフォーマットをちょっといじったりしている。以前は3つの数字一組でマップタイルを表していたけど、5つ一組に変えてみた。

2つの数字を足した理由は下のタイル指定と敵味方フラグのため。現在は一番上のタイルを下までリピートさせているけど、上のタイルと下の横しか見えないタイルが同じ場合、表示がおかしくなるものもある。例えば川なんかが良い例。

もう一つの敵味方識別に使う。後は中立の指定にも使える。NPCとか破壊可能な障害物などを用意することも出来る。

ちょっと進みが遅いけど、なんとか何かを間に合わせたい。

2007/09/08



グレンラガンのヴィラルを追加。

2007/09/07

D3DXMatrixTransformationのpScalingRotationの謎をやっと解いた。まさか(Msr)^-1 = Msrだったとは。数学的にはどう見ても間違いだけど・・・。

pScalingCenterの方は問題なく出来た。ただし、以前書いた、pScalingCenterはpScalingRotationが無いと機能しないというのは間違いかも?

2007/09/06



グレンラガンのダヤッカ・リットナーを追加。

2007/09/05

D3DXMatrixTransformationのpScalingRotationはQuaternion。実はVectorでもOKなのでは、と思わせられる。

4つの変数のうち、wは未使用。そうなると、x、y、zの3つの値が最終結果に影響を及ぼす。変数が1つの時と変数が2つの時の処理は分かったけど、3つの時の処理がいまだ分からない。ちなみに1つの時とは残り二つの変数=0ということ。

このまま式を微調整すべきか、それともヘルプに書いてある(Msr)^-1*Msrを実装すべきかかなり迷う。現在はInverse Matrixの必要性が無いため、その時点で既に違うものに変貌しつつある。

マイクロソフトのドキュメントそのものがわざと遠回りな表現をしている可能性もあるし。もう2、3日粘ってみるとしよう。


2007/09/04



グレンラガンのキヤル・バチカを追加。

2007/09/03

D3DXの働きを調べていると、色々と面白いものが見つかる。

最近発見したものではD3DXMatrixTransformationがある。画面に画像やポリゴンを表示するのに使う最重要関数の一つ。

しかし、その内部処理は謎だらけ。特に2つと3つ目の変数(pScalingCenterとpScalingRotation)には説明らしい説明も無く、ただ単にブラックボックスとして存在している。ネットで検索してもNULLでOKとか書いてあるし。

今分かっている範囲ではpScalingCenterはpScalingRotationが定義されていないと意味が無い。これはヘルプファイルには記載されていない。pScalingRotationが定義されていてもどう動作するのかはまだ謎。

pScalingRotationはまずD3DXMatrixRotationQuaternionを呼んで、その後はまだ謎。(2x^2+2y^2+2z^2)^2みたいな感じで掛け算をしているみたい。もっとデータを集めないとなんとも言えない。

2007/09/02



グレンラガンのキノン・バチカを追加。

2007/09/01

毎度おなじみの月初め反省会。

先月の目標と結果

目標結果
ドット絵1012
CG
3分ゲー新作用意順調


先月は普通だった。ドット絵も予定より多く用意できたし、ゲームの方も順調。ただ、予定よりちょっと遅れているのが気になる。可能な限り延期はしたくないし、コンテストにはなんらかのゲームを絶対に出したい。

CGは駄目だ。昔から描いたり描かなかったりしているけど、流石にそろそろリングにタオルを投げ入れる時が来たみたいだ。同人ゲーを出すことになったら専門職の人に頼むとしよう。

今月の目標

1.ドット絵10枚。
2.落書き3枚。
3.3分ゲー新作用意。

ちょうどグレンラガンのドット絵が完成するかしないかの数。次のシリーズは完全に未定。CGが駄目なら落書きはどうだ、ということで新機軸でやってみる。綺麗なCGみたいに完成させなければ少しは出来そう?

3分ゲーの新作は順調に進んでいるけど、問題が無いわけでは無い。締め切りとの兼ね合いもあるから、後5日間でどうするか決めないといけない。




意見や拍手があればよろしく!

201210
201208
201206
201205
201204
201203
201202
201201
201112
201012
201011
201010
201009
201008
201007
201006
201005
201004
201003
201002
201001
200912
200911
200910
200909
200908
200907
200906
200905
200904
200903
200902
200901
200812
200811
200810
200809
200808
200807
200806
200805
200804
200803
200802
200801
200712
200711
200710
200709
200708
200707
200706
200705
200704
200703
200702
200701
200612
200611
200610
200609
200608
200607
200606
200605
200604
200603
200602
200601
200512